スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
初雪
初雪
昨日ついに初雪を観測した。
例年よりも2週間ほど遅いらしいが、初雪っていつもそんなに早かったっけ?
東京はまだまだ紅葉も始まらないのにこちらは冬景色。

初雪というと五年前のことを思い出さざるを得ない。
ナナカマドの赤い実に冠雪、という写真を撮りたかった深山は初雪を待ちわびていた。
突然真っ白な風景に変わって喜び勇んでいたある早朝
突然父が亡くなったとの連絡が入った。
降り続く雪を仰ぎながら泣き崩れたあの朝。

空から舞い降り下りてきた雪と引き換えに
私の父は天へと昇って行った。
初雪の切ない思い出。
この癒えることない悲しみは初雪のたびに思い出されるのだろう。
雪を慈しみながら父を想い、いつかもっと暖かい気持ちでこの日を迎えられることを願う。

さて、悲しい話題を転換したい。
ここ数日の円高でそわそわしている。
ニュージーランドドルがなんと50円台前半。
ここ数年は80~90円だったので「もう行けないよね~」と言っていたのに
こんな数字を見るといてもたってもいられない。
ニュージーランドドル買うか!?と最近そんな話題ばっかり。
でも余裕の無い我が家の家計からどうやって捻出するか。
それに本当に行ける日がくるのか…
悶々とする毎日デス。
スポンサーサイト
2008 / 10 / 30 ( Thu ) 06:05:52 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
あれから9年
ブナの渓流
昨日の夜の予報では今日は1日雪。
朝起きたらきっと真っ白になっているだろうと楽しみにして
薄暗い中まず外を眺めたが残念ながら雨。
な~んだ。
娘もがっかりするだろうな。

でも予報はやはり雪。
私の乗用車はまだ冬タイヤを履いていないのであまり降られると困るけど。

さて、今日は私達の結婚式記念日。
結婚記念日じゃなくて結婚「式」記念日です。
9年前の今日、朝は雨が降っていたのに
旭川の知り合いの教会でこじんまりと式を挙げたあとには空はすっきりと晴れ渡っていた。

空港の裏の丘を家族を引き連れてぐるっとまわった。
真っ白な大雪の山々を背景にカラマツやポプラがキラキラと黄金色に輝いていた。

その数日後私達は道南へと旅立った。
初めて訪れるブナの森はもう晩秋の風景で
渓流には落ち葉がたくさん流れていた。
寂しくも美しい風景として今でも強く印象に残っている。
そんな思い出の一枚。
2008 / 10 / 29 ( Wed ) 06:41:51 | | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
昨日の釣果は
写真展の展示のキャプションもいつになってもやらないのに
昨日の朝ご飯が終わると深山は
「今日は○○沢に釣りに行こうかな。」と私の顔色を見ながら言う。
友人に教えてもらった場所で、一度竿をもたずに行ってどでかいニジマスを確認した場所。
一度見てしまったからには釣らなければと
おそらくず~っと思っていたに違いない。
仕事もしないで~!と心の中できぃ~っとなっているのをこらえて
キャプションを今日中にやっつけることを条件に「いっぱい釣ってきてね。」と優しく送り出す。
なんて良い妻なんだ~。
ニジマス
そしてこの通り。
昨日の晩我が家の食卓に上がったニジマスは
40cm近い巨体。3人で2匹を塩焼きに。
おいしかった~。
娘は珍しく「お魚もっと食べる~!」と言って沢山食べてくれた。
Mさん教えてくれてありがとう。
でも家族の分だけ釣って、後ろ髪を引かれながらあとは残してきましたよ~。

さて、約束どおりキャプションを昨日の夕方書いてもらったので
これから私が製作して今日貼り付けに行く予定。
販売用の写真も飾りたい。
今の時代なかなか作品は売れないのだが
結果はどうであれ、できるだけのことをしようよ。
あなたの作品は素晴らしいんだから。
ねぇ。深山さん。
2008 / 10 / 26 ( Sun ) 05:51:26 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
大雪の蔵写真展つづき
大雪の蔵写真展
我が家は落ち葉だらけになり
ギャラリー前のキレイに色付いたもみじを残して閑散とした風景に変わった。
少しずつ色付いてきたカラマツの黄葉のシーズンをこれから迎え
いよいよ冬支度の季節となった。

今日からしばらく天気もくずれ
朝晩は零度近い日が続きそう。
山々はますます白くなり、里に天からの白い便りが届く日も遠くはないだろう。

さて大雪の蔵の写真展、まだ個々のキャプションつけてません。
仕事が遅くて申し訳ありません。
入り口すぐ横の常設展示コーナーにはひと足早い「冬」の作品を飾ってありますのでお見逃しなく。
2008 / 10 / 24 ( Fri ) 05:52:09 | 写真展 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
大雪の蔵写真展始まります。
昨日大雪の蔵写真展の展示を終えた。
今日から11月18日までの展示となるので
多くの方々に見ていただきたいと願っている。

写真は大型パネル(イメージサイズ1.3×1.9m)が6点
中型(1×1m)が4点。
いずれも4×5インチ(一部6×6)の大型カメラを駆使して撮影したもの。
点数は少ないがかなりの迫力デス。
また、今日小さな販売用の写真を何点か展示する予定です。
それから、個々の写真のキャプションを今深山に書いてもらっているので(仕事遅すぎ。)
近日中に展示しに行きます。

写真展の様子は近日中にアップします。
(カメラにメディアが入っていなかった。汗)

昨日の展示は、木製フレームを作ってくれた樹凛工房のS氏が手伝ってくれた。
仕事もあって忙しいのに本当にありがとう!
昨日の展示の様子などをパートナーのAちゃんがブログに載せてくれているのでご覧あれ。
樹凛工房さんのブログはこちら

展示を終えたころに娘と現地に赴くと
ちょうどお昼時で、ランチにご招待された。
思わぬご馳走に娘は終始上機嫌。
大きなガラス張りの広々したレストランの窓際の席は
紅葉の美しい中庭と接していてとっても気持ち良い。
久々にステキなご馳走をゆったりといただき、とっても満たされた。
大雪の蔵さん、本当にありがとうございました。
来月のボジョレヌーボーもよろしくお願いします。なんちゃって。

2008 / 10 / 22 ( Wed ) 06:45:06 | 写真展 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
写真展とフォトコンテストのお知らせ
大雪の蔵写真コンテスト
うっかり、すっかり、写真展のお知らせをするのを忘れていた(汗)。
まったくのんきな私デス。

旭川市南6条通りにある地酒蔵「大雪の蔵」にて
10月22日から11月18日まで
常設写真に加えて別スペースにて深山治特別写真展を開催します。
今まで撮りためた大雪周辺の写真を
1、8m×1、2mの大型写真7点を中心に展示いたします。

以前にも紹介しているが
大雪の蔵は今年の夏にリニューアルオープンし
レストランも広々気持ちの良いガラス張りのスペースで
とってもおいしくリーズナブルなランチがいただける。
夜はこれまたステキな懐石料理。
各種のお酒等を販売する売店(試飲できるよ)もあり
写真展を覗くだけでもOKなので
旭川近郊の方は是非足をのばしていただきたい。
すぐ隣りには今夏ウェスタンの入った大型複合スーパーができたので
ちょっと出かけやすくなるのではないかしら。

常設展示コーナーも冬バージョンに入れ替えするので
一足早い冬の景色も堪能してくださいね。

それから、これまたうっかり忘れていた大雪の蔵フォトコンテストのお知らせです。
締め切りはもう二週間後の11月3日です。
もっと早くにお知らせすれば良かったのに申し訳ありません。
グランプリは賞金なんと10万円!
以下、20日のボジョレヌーボー解禁パーティーへのご招待等
豪華商品を用意しています。
「お酒にまつわる自然・風景」
「お酒にまつわる人・生活」の2部門からの審査となります。
どうぞお気軽にお申し込み下さい。
詳しくは大雪の蔵までお問合せください。
応募票のついたチラシは大雪の蔵や各カメラ店等に用意してあります。
(おお。深山の顔写真入り!)
北写人にもありますが不在の場合が多いのでご連絡下さい。

写真展の展示写真はすべて販売可能です。
また写真のことなどでご質問等ありましたらお気軽にご連絡下さい。
2008 / 10 / 20 ( Mon ) 20:04:50 | 写真展 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
馬に乗る
乗馬
10月も半ば過ぎというのに暖かい日が続いている。
先日深山が戻った朝に隣町にある東神楽森林公園に3人でピクニックに出かけた。
すっぽり小さな山に囲まれた公園はオフシーズンは人がほとんどいなくて居心地が良い。
小高いところまで登ると大雪の山々が見晴らせる。

公園に隣接した「ホースカンパニー」という乗馬が楽しめる施設がある。
以前馬を見に行ってスタッフと話をしたら
静岡から仲間が集まってこの施設をオープンしたという。
確かに北海道で馬、というのは理想的なようにも見えるが
経営は大丈夫なんだろーか、なんて同じ移住組としては心配になってしまう。(余計なお世話。)

馬は20頭ちかくいて
その中でも長野の木曽馬(保存種らしい。)の正宗くんという立派な馬に
娘を乗せてもらうことにした。
ついこの間まで怖いといってポニーにすら乗れなかったのに
最近急に度胸の付いてきた娘は堂々と正宗くんにまたがった。
おお。カッコいいぞ。

林の中を抜けていくコースはなかなか気持ち良い。
もう少しゆっくり歩いてくれたらよかったんだけどな~。
2008 / 10 / 19 ( Sun ) 16:47:44 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
源流の秋
源流の秋
昨日深山から「もう紅葉ピーク過ぎてた!」との電話が。
友人に「そろそろ良いよ」と言われて道東まで足を伸ばしたのに。
例年だともう少し遅いので油断をしていて残念。
本当に絵になる紅葉の渓流が撮れるのだ。
来年のJTBの10月のカレンダーに深山の阿寒川の渓流の写真が掲載される予定もある。

写真は去年の作品。

今朝は三国峠で霧をねらったはず。
こちらも霜が降りたようだから山はうんと冷えたことだろう。
よく晴れ冷え込んだ日の夜明け前、東大雪方面では放射冷却現象で霧が発生する。
それはそれは幻想的で神秘的でダイナミックな風景だ。
私も写真家と一緒にならなければ
あんな素晴らしい風景を見ることはなかったのだろうと思う。
徐々に色味を帯びてゆく空や
光が大地を照らす一瞬。
日々繰り返される自然の大劇場(しかも無料)があるのに
我々人間のほとんどは布団の中でぐーぐーと眠っているなんてなんだかもったいない。

そうゆう私もうんとご無沙汰している。
行きたいな。
深山の撮影に再び同行できる日はいつ訪れるだろう。

2008 / 10 / 17 ( Fri ) 06:56:11 | 写真 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
落雷で
先週土曜日の朝、突然雷が落ちた。
パチン!という破裂音と共に火花が散ったかと思うと
どっかーん!という落雷音がすぐそばで鳴った。
その火花のショックでしばらく呆然としていたが
ふと我に帰ると電気もパソコンも消えていないのを確認してほっと一安心。
そのままばたばたと出かける支度をして家を出て友人に会い
雷の話をすると
「それ電話やられてるわ。」と一言。
「えっ!」
あわてて自宅に携帯で電話するとお話し中状態。
ガーン。

結局夕方に帰宅しNTTに電話をすると
すぐに見に来てくれた。なんとありがたい。
でも電話ではなく、ISDNのルータがやられているということで
電話もパソコンもしばらくお預けとなった。

ネット通信ができないとなったらなんだかやけにすがすがしい気持ちになる。
ブログを書くことは嫌いではないけれど
いつも時間と格闘している私にとってブログを書くという行為は
時々結構な重荷となったりするのだ。
そしてメールの受信もできないし
電話を受けることもできない。
おお。なんかいいな。
こうゆうの好き好き。
心地よい開放感。

でもいつまでもこのままというわけにもいかず
今日ようやく回線が開通。
そうなると…やっぱり書いておこう。ブログをね。

この間あっという間に紅葉は進み
我が家も落ち葉だらけとなってしまった。
外に出るとぷーんと落ち葉の匂い。
ん~。この香り。いいにおい!
大好きな晩秋のひととき。

さて深山は昨日
峠の落葉したダケカンバを蒼(あお)の世界で撮ると言って出掛けて行った。
結局トムラウシの方の渓流や
阿寒の渓流も撮りに行くことにしたと今日連絡があった。
来週から大雪の蔵で特別写真展も始まるのでその準備もあるし
今のうち撮ってしまって
写真展の設営を終えたら
先週逃した大きなサーモンをゲットしに行こうという魂胆みえみえデス。
でも、良い作品が撮れれば
きっとどでかいサーモンくんもあなたに釣られてくれると思うよ。

2008 / 10 / 15 ( Wed ) 22:25:44 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
記念日
結婚記念日
昨日の朝食の時間
深山「10月10日って何の日だっけ?」
私「ん?体育の日?」
深山「違う日じゃなかったっけ?」
私「あ!忘れてました!ゴメンナサイ…」

というわけで今日は私達の結婚記念日。
でも記念日を忘れずに勝ち誇っていた深山なのに
仙台から来ている友人にサーモンを釣らせてあげなければと
昨日またまたオホーツクへと旅立っていった。
でもさっきまた電話があって「今日は何の日だ?」だって。
どでかいサーモンがヒットしたのにラインが切れて仕掛けごと持っていかれたそう。
あらあら残念。

9年前の10月10日はまだハッピーマンデー制度がなく休日だった。
私達は休みの役場を訪れ、守衛さんに婚姻届を提出し
その足で道東の津別へと向かった。
守衛さんに「○時○分確かに受け取りました。おめでとうございます。」と
優しい笑顔で本当に暖かい言葉をいただいてしみじみと嬉しく涙が出たことを思い出す。

津別の山の中に1200年のミズナラの木がある。
その威風堂々とした佇まいには圧倒される。
私達はその木の下で2人の記念写真を撮ることにしたのだ。
大木に抱かれ幸せ絶頂の2人。

時が経ったな~と実感する。
でもこれからの2人の時間の方がうんと長いのだ。(夫よ、早死にしないでね。)
今朝「今日一日、9年前のことを思い出して過ごそうね」と約束した。
これからもずっとそんな風に記念日を送れたらいいなと思う。

それから同じ結婚記念日のMちゃんご夫婦。
この場を借りて結婚10周年おめでとう!
これからもお2人仲良くね!
2008 / 10 / 10 ( Fri ) 08:26:50 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(3) | トップ↑
紅葉のキトウシ
キトウシの秋
dai:zuで売るかごを新たに作るために
東川町のキトウシ山へつると枝を採りに行ってきた。
小さな里山だが植生が豊かで
桜やイタヤカエデ、モミジなどが赤く黄色く見頃を迎えている中
整備された遊歩道を枝を拾いながらどんどん登っていく。
赤黄色いイタヤカエデのトンネルを
娘はとっとこすごい勢いで抜けていく。
かと思うと急に立ち止まりなにやら拾い集めたりする。
山を歩くたびに娘は力強くたくましく成長していると実感する。
ああ。田舎暮らしって本当に良いな~。

二股に分かれた枝を沢山収穫してきた。
これをフレームにして平らな置きかごを作ってみよう。

今日はのうえんでかぼちゃや大根を収穫する日。
畑も寂しくなり、そろそろ片付けに入る。
午後からはまた紅葉の山を歩いてみようかな。
秋は短い。
2008 / 10 / 08 ( Wed ) 06:08:23 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
羽衣の滝
羽衣の滝・秋
昨日は東川町が誇る天人峡羽衣の滝へ出かけてきた。
その高低差は北海道一である。
2日前に深山が行ったときよりもうんと紅葉が進んだようで
まあまあの見頃を迎えていた。
最近朝晩とても冷え込んでいるので山も里も日々深まる秋という感じデス。
モミジやカエデはこれからもう少し赤くなると
うわ~キレイ!という感じかな。

子供達は相変わらず
この寒い中水辺でダンゴを作ったりしてひたすら遊ぶ。
あなたたちを見ていると生きるって本当にステキなことだなぁと
ふわふわと気持ちよくなる。
昨日の子供達の笑顔を思い出しながら
よし、今日もがんばろう、と元気が出てくる。
2008 / 10 / 06 ( Mon ) 06:37:22 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
紅葉情報その3
大雪の秋7
おとといまたまた十勝岳に山歩きに出かけてきた。
その日は深山も美瑛の友人たちと美瑛岳方面の沢に撮影に出かけたので
私達母娘と、深山と一緒に出かけた友人の家族とで
山をちょろちょろと遊び登りながら
父達を中腹までお迎えに行った。
「ダダ~!」「おとおさ~ん!」とがれ場を駆け登る娘たちを迎える父達の嬉しそうな顔よ。

紅葉はといえば
ダケカンバはかなり黄色く色付いていて
ナナカマドは望岳台よりもかなり上方がキレイに赤く色付いていた。
あれから2日経ったし、もうそろそろピークを向かえる頃だ。
富良野岳方面もかなり色付いていたし
ここ数日は天気もまあまあ良さそうなので
もう一度足を伸ばしてみたいと思っている。
写真は十勝岳方面から望んだ冠雪の大雪山。(例のごとく今年の写真ではありません)
今こんな感じかな。

東川町の天人峡も、一番奥の敷島の滝付近はそろそろ見頃になりそうだ。
入り口付近はまだ5分くらいと言っていた。
ここも近いので近々子供たちを引き連れてハイキングに行きたいな。

私のデジカメが壊れて
人からいただいたコンパクトデジカメを使っているが
なんだか色が悪い。
ブログに載せようと山でも撮ったがどれもイマイチ。
やっぱり今までのレンズは良かったんだなぁ。
壊れたデジカメの同等品価格で保険が下りることになりそうなので
それを待って中古の一眼レフを買おうかな~。
なんて考え出したら、やっぱり多少良いレンズがいいなぁとか
だんだん思いが膨らんできてしまう。
でも新車を無理して購入したから家計に全然余裕が無いのよね…。
でもまた一眼レフで写真撮りたいなぁ。
楽しそうだなぁ。
風景撮るにも子供を撮るにも良いだろうなぁ。
ああ。欲しいなぁ…。
誰か一眼レフカメラ余っている人いませんか~~~!?
2008 / 10 / 04 ( Sat ) 08:58:22 | 写真 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
秋色に
カツラ紅葉
我が家の庭が俄かに秋色に染まり始めた。
シラカバは黄葉しカツラの葉も日に日に黄色く赤く変化している。

ハート型のカツラの葉はとても愛らしく
私の大好きな木のひとつだ。
我が家にはカツラの木が1本も無かったので
娘が生まれたときにカツラの木が欲しいと深山にお願いし
山から数本拾ってきてもらった。
我が家は木だらけで、木の下に木を植えたりしているような状態の中
中庭のちょっとしたスペースに小さなカツラを何本か植えたら
4年経った今思ったよりも成長してくれている。
ちょうどキッチンから真正面に見えるので
日々色が変化していくのを感じられて嬉しい。

今日は久しぶりの晴天の予報。
深山は友人と山のなんとか沢の紅葉を撮りに出かけた。
せっかくの天気なので
私と娘も再び山登りの真似をしに出かける予定だ。
山はすっかり雪化粧しているし
雪に手が届くくらいのところまで行ってみようかな。
さあ、パンを焼こう。
2008 / 10 / 02 ( Thu ) 06:50:48 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(1) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。