FC2ブログ
我が家にモモンガ!
原生林と雲
心なしか光の春を感じさせる今日この頃。
今日は1日快晴の予報で、深山は薄暗いうちに山へと出かけて行った。

昨日我が家が騒然となる出来事があった。
夕暮れ時カーテンの無い窓から何気に外に目を向けていた深山。
「あれ?ジョイかな?2匹いるよ」(我が家ではエゾリスをジョイと呼ぶ)
先日近くに住む友人が、うちの近くでリスがひかれていたと教えてくれ
確かにいつも二人で来る仲良しのリスたちが、以来ひとりぽっちになっていたので
私も窓に張り付いて石蔵の裏にある大きな桜の木を目を凝らして見た。

あれ?しっぽがリスじゃない!

ももんがだぁ~~~!

2匹の小さな生き物は追いかけっこするように桜の木をするすると登り
かと思ったら
1匹がひゅ~~~っと15メートルほど離れたマツの木へと滑空した!

おお~!とんだ~~!

残る一匹を3人でかたずを呑んで見守っていると
またまた同じマツの木に向かってひゅ~~~!

わ~!すごぉ~い!

エゾモモンガは前肢と後肢の間に飛膜があり
それを拡げるとまるでグライダーのように美しく滑空できるのだ。
テレビでは見たことがあるが、その姿を我が家の窓から見られるなんて!

10年近く前に深山が木の上の方を指さして「モモンガがいるぞ!」と教えてくれたが
それがモモンガだったのかどうかもよくわからなかった。
モモンガは夜行性で日中はキツツキなどが開けた穴に隠れているので
滅多にみることはできない。

でもいたのね。すぐそこに。
もしかしてギャラリーの裏のあの木の穴の中に住んでいるのかしら…
なんで今まで気づかなかったのだろう。
私はやけに感動して娘以上に大はしゃぎした。
あの美しく滑空する姿をまた見たい!
今日から夕暮れ時には必ず窓に張り付く私がいることだろう。

私たちは日々、常に無意識に窓から外を眺めている。
パソコンをたたく指を休めて今外を見やれば
たくさんの鳥たちが木々の間を飛び回っている。
餌箱からシジュウカラがかわいい顔を覗かせている。

リスたちが走り回り、キツネがちょいと失礼、とばかりに横切り
テンがひょいと顔を出し、春になるとシカも降りてくる。

なんてステキな我が家。
2009 / 02 / 11 ( Wed ) 07:39:12 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ブログのススメ | ホーム | 冬祭り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitashajin.blog118.fc2.com/tb.php/187-ff6850f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |