FC2ブログ
心の旅
髪を切った。
嬉しい。
切ったことが嬉しいのではなく、切りに行けたことが嬉しいのだ。

旅から戻った深山と娘は昨日デートに出かけた。
娘は1月の終わりくらいからようやく深山と2人で出かけられるようになり
その後私と離れても大丈夫と自信がついたのか
友人宅にも預けることも、ついにできるようになったのだ。

娘は来月で5歳。
「超」の付くほどのママっ子で、どんなときでも私からはなれることがなかった。
ちょっとでも離れると「ママ~!」と泣かれることにどんなにかストレスを感じたことか。
可愛い可愛い娘だけれど
時にはうんざりすることも多々あった。
せめて深山が私のために娘を連れ出す努力をしてくれたら…とストレスの矛先を深山に向けてしまったり。
「今だけ今だけ。いつかは離れられる」と延々と自分に言い聞かせようやくそのときを迎えた。

昨日行った美容院で担当の30くらいの男の子?が
「旅に出たいんですよね」と言うので
行け行け~旅はいいぞ。と自分の旅の話をした。
娘と離れて心が開放的になっていた私はタイムトリップをした。

昨日のニュースで、地下鉄サリン事件から14年、と報道されていた。
あの日私は中国に行くためのビザを中国大使館に取りに行こうとしていた。
JRから地下鉄に乗り換えようとしたら、乗り換え口にロープが張られ警備員のような人が3人も立っていたのだ。

ネパールからインド、そしてパキスタンのカラコルムハイウェイを旅して
標高5,000メートル近い峠にある国境を越え中国に入りシルクロードを横断した。
あれから14年か…。
普段忘れ去られている旅の思い出がこうして何かのきっかけでよみがえる。
きっと私の旅の経験は、私の生きる力の元になっているのだろうとふと思う。

いろんな悩みや迷いのある今の生活。
子育てという束縛された時間の中で羽ばたきたくても羽ばたけず
自分らしさを失い自信までも失い
夢があっても希望を持てないような
そんな日々をすごしていたのではないかとも感じる。

でも私はきっと大丈夫。
ヒマラヤのそびえ立つ山々の姿を思い浮かべながらそう自分に言い聞かせる。

たぶんもう世界を旅して歩くことは無いだろうと思うけど
身近なところで新しい世界を旅してみたいな。

いろんなことに思いをめぐらせた1日。
2009 / 03 / 21 ( Sat ) 05:55:54 | | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<誰の仕業? | ホーム | 雪融け進む>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitashajin.blog118.fc2.com/tb.php/209-1e8a7670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |