FC2ブログ
夏祭り
地元東川町では夏祭り真っ最中。
年々その知名度を増している写真甲子園も終了し
昨日は東川賞の授賞式や受賞作品展などが始まった。

先日海外作家賞を取られたオーストラリアのアン・フェランさんが
ギャラリーにいらしてくれた。
どんな写真を撮られるどんな方なのか全く分からないまま
深山の写真を見ながらいろいろな話をさせてもらった。
オーストラリアでは高い山などでしか雪を見ることができないせいか
深山の厳冬の作品を本当に美しいと高く評価してくれた。
一緒にいらしたパートナーの方はタスマニアに住んでいるということで
深山と2人で旅をしたときの話などで盛り上がった。
ああ、再び3人で訪れられる日が来ますように…。

アンさんには記念にと雪の造形の写真を差し上げて
喜んでいただけてとても嬉しかった。

さて、昨日はフォトフェスタに加えていわゆる地元の夏祭りということで
夕方から娘を連れて出かけて来た。
夏祭り09
写真展会場の文化ギャラリーに直行したいのに
娘にとってなにやら魅力的な催しが山ほどあって
あっちに引っ張られこっちに引っ張られ…
結局くじ引きをしたりプリキュアのお面を買ってあげたりしてとりあえず満足させ
写真展へ。

いつも思うのだが
私にとっての「写真」は自然風景のみで
それ以外のカテゴリーの写真に関しては全くの無知であることを実感する。
写真はアートなんだなと漠然と感じるのだが
それらの写真をどう鑑賞すればよいのかといつも戸惑う。
それぞれの作品群には必ずそれを撮るに至った作家の生活背景や想いがあって
それを説明する「文字」が無いと
私の眼にはただの切り取られたシーンにしか映らないのだ。
だから娘に急かされて鑑賞していると
ふぅ~ん。という具合になってしまう。

奥が深いんだな、写真って。

やっぱりただただす~っと心に染み入ってくる
自然風景写真が好きだな。
特に深山の写真が好き。

そういう深山はここ数日大雪山の裏側で
真面目に撮影に取り組んでいる。
今日戻ったら今度こそ
私の夏休みに連れてってもらうぞ~!

2009 / 08 / 02 ( Sun ) 10:06:18 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<庭探索記その1 | ホーム | 宮竹眞澄さん人形展>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitashajin.blog118.fc2.com/tb.php/274-86f7d1a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |