FC2ブログ
リスとのお別れと絵本ライブ
寒いよ~(泣)

この季節の変わり目、寒さが身にしみる歳頃?となりました。
家の中で着こんでいる私。

最近気付いたのだけれど
かごを編んでいると体がぽかぽかしてくる。
だから暑い日は汗が出るけれど
寒い日は体を温められるので都合が良い。

指先を使うのは健康にいいんだな。


さて、ずっと我が家をうろちょろして
あちこちにくるみを埋めていたリスちゃん。
今朝道路で車に轢かれて倒れていたと深山が言った。

そうなんだ…
本当に毎日うろうろとしていて可愛かったのだ。
先日は家の横の木を登って電線を横切ったので
こんなところも歩くねと感心していたら
多数の電線をくるんである筒の中からくるみを取り出して
また運んでいったのでびっくりした。

また別の日には
洗濯物を取り込みに庭に出たら
枕木のテラスから出てきて
お互いにびっくりして固まり
しばらく見つめあい
私がハローと挨拶すると
こくりとうなずくようなしぐさをしてくれたのだ。

リスは結構警戒心が強くて
威嚇してくるんだけどね。


かわいそうなジョイ。
そのうち我が家の庭はくるみの木がたくさん生えてくるかもね。


前置きが長かったが実は今日は
先日行った絵本作家、長谷川義史さんの絵本ライブのことを書きとめておきたかったのだ。

行ってびっくり。
東川町の公民館に何百人もの観客がびっしり。

長谷川さんの一番人気の絵本は
「いいからいいから」

その日長谷川さんは絵を描きながら
そのお話を披露してくれた。

いいからいいから

他にも自身の作品の読み聞かせを沢山してくれた。
長谷川さんの作品はユーモアたっぷりなので
単純に楽しい。
でもやけに人間味が溢れていて
心がしっとりほっこりあたたまる。

いつも読み聞かせる側なので
その日は読んでもらう側にまわって
大いに楽しませてもらった。

別の世界に入り込んだようで
日常を忘れ
母の帰りの時間をすっかり忘れ、というか母の存在を忘れてしまって
危うく施設の方に迷惑を掛けるところだった。


それにしても絵本っていいな。

自分の子供と肩を寄せ合って
毎晩絵本の世界にもぐりこみ
絵本の世界を楽しむだけでなくて
親子の愛情や信頼関係を育む媒体となっているんだよね。
絵本には色々なメッセージも隠れているから
大きくなっても教育の一環としても活用できると思う。

ひょっとすると
子供の人格の形成にまで影響しているんじゃないかなぁ
そんな風に考えたあと
とにかく娘が「もういやだ」と言うまで
毎晩毎晩一緒に絵本を読もうと
改めて思ったのでした。

長谷川さんどうもありがとうございました!
2011 / 09 / 20 ( Tue ) 16:30:43 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
<<旭岳初冠雪 | ホーム | 大雪の蔵特別展のお知らせ>>
コメント
タイトル:リスと

自分もリスを轢いたことがあります。
どうして急に道路へ出てくるの、
かわいそうなことをしたなーって、
思いました。

道路に寝ていた蛇くんを轢いても
そんなにかわいそうとは思わないだろうに・・・。
名前: ayaG : 2011/09/24 11:29 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:ayaGさま

毎日毎日向かいの山から道路を横断してくるリス君たち。
往復するわけだから、事故の可能性は高いですよね。

こればっかりは仕方ないことですかね…
ayaGさんに罪はないです。

あのリスちゃん
沢山の車に轢かれてぺったんこになっていました(悲)
名前: Mika  : 2011/09/24 11:33 : URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitashajin.blog118.fc2.com/tb.php/455-e9d9b65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |