FC2ブログ
子供力発電
キツネが窓の外を行ったりきたりしている。
最近タヌキは見ないな。

キツネとタヌキって仲良しなのかしら…
なんか仲悪そうだよね。


さて、娘は春休みに入り
「一年生」が終わった。

誰よりも背が高いのに
誰よりも気が弱い娘だったけど
一年の終わりが近づくにしたがって
うんと成長を感じることができた。

これも子供たちを大切に育ててくれている学校のおかげ。
いろいろと心配したこともあったけど
この学校ならきっと大丈夫。
とても穏やかな気持ちで一年を終えられたことに感謝。

そして娘が絶対的な信頼を置いていた担任の先生に感謝。
人に甘えることのできない娘が
隙をみては先生の背中に飛び乗っておんぶしてもらっていると聞いたときには
びっくりたまげた。
その話を聞いた深山は
内心嫉妬心がめらめらと燃え上がっていたにちがいない(笑)

先生には本当にいろいろとお世話になりました。
ありがとうございました。

最後の学級通信の終わりにこんな言葉を残してくれた先生。
先生は四月から別の学校に移動になる。

『子供力発電はクリーンで再生可能な最良のエネルギーシステムです。
子供たちがそのエネルギーで輝き続けることを願っています。』

どうもエネルギー不足な我々大人たち。
子供たちにいっぱい発電してもって
私たちも充電させてもらいましょうか。
できるだけクリーンなエネルギーを補給したいものです。


昨日は地域の住民とPTAによる歓送迎会なるものが開かれ
閉会になると同時に子供たちがよってたかって先生によじ登っていた笑

DSCF5996_convert_20120326070025.jpg

お別れはさびしいけど
新たな出会いもまた楽しみな春です。
2012 / 03 / 26 ( Mon ) 07:57:02 | 日々の暮らし | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<夢叶う | ホーム | 続けてかご編み教室>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitashajin.blog118.fc2.com/tb.php/523-f9f9dda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |