FC2ブログ
白樺樹皮採取について
昨日書いた記事にコメントを残した方がいて
実はびっくりしてすぐに削除してしまったのだけれど
その後いろいろと考えた。

とにかくすさまじい勢いの悪意のある文章で
『白樺を乱獲するな~北海道の森を荒すな!』という内容。
確か『ああ、いやだいやた…』みたいな文も。

……
確かに今年初めて白樺樹皮最初をしてみて
古く歳をとった木は樹皮も荒いものが多いと分かり
そういう木は避けて少し若い木を採取した。
ブログに載せた写真の木も
直径が30センチに満たない木で
確かに写真を見るととても若そうに見える。

大勢の方々が私のブログを訪問してくださるので
こういう反応を示される方がいることを知り
写真は削除させていただいた。

たくさんの白樺林があれば良いのだけれど
私があちこちにお聞きして許可を得た林の白樺は
ほとんどが手入れをしていない放置された雑木林の中にある。
森の所有者は私の活動に興味と理解を示してくださった方々で
畑の仕事帰りにご自分で「採ってみた」と持ってきてくださった方もいた。

これから勉強するための材料を確保したかった私は
若い木の樹皮を採取してしまったことはある意味否めない。
もちろん大量採取はしていないけれど…

白樺樹皮を採取している人は他にもいるようで
森を案内してくださった知人が
樹皮がはがれているのを見たと言っていた。

今白樺樹皮のかごの普及に努めている方々もいらっしゃるし
今後少しずつ採取しようという人が増えてくるのかもしれないから
名前を名乗ってかご編み活動をしている1個人としては
いろいろな意味で責任を負って記事を書かなければならないと感じる。

それにしてもコメントを残した方は
それだけの勢いで伝えたいことがあるのなら
きっと白樺への造詣も愛情も深いということだと思うし
ただ悪意を表すだけでなく
何か別の表現でメッセージをいただきたかったと思う。

ちなみに白樺は
一番生命力溢れる初夏の短い期間だけ
立木のまま採取することができる。
特殊な構造を持つ白樺の樹皮は
採取したあとは茶色くなってしまうものの
適正な時期に採取すれば枯れることはありません。
その代わり、一度採取してしまった樹皮は再生されることはありません。
(外国の白樺樹皮が20年後くらいに再生されていたという写真は見ましたが…)
どこにでもあるような木に思えますが
実は数少ない貴重な材料なのです。

私も白樺の存在を知ってから
ずいぶん勉強させてもらったが
まだ人様に教える身分ではない。
(といいながら、一緒に樹皮採取に行った知人に
既に教え始めているけど…汗)
もし興味のある方でご質問のある方は
コメントなりメールなりいただけたら
分かる範囲でお伝えしますし、その道に長けた方をご紹介いたします。


来年もかご編みを続けられる生活環境にあるかは未定だけれど
もしまた白樺採取をすることがあれば
姿勢を新たに取り組みたいと思う。
そして来年夏まで、ゆっくりと
かご編みに取り組んでいくつもりです。
皆さん応援よろしくお願いします。

120725_0606~0001
かご編み道具入れ。
愛用しています。
2012 / 07 / 25 ( Wed ) 09:53:39 | 樹皮のかご | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
<<オホーツクへの旅 | ホーム | クルミのかごバッグ>>
コメント
タイトル:シラカバ

シラカバは、荒れ地に最初に根付く木ですが寿命は50年程と短くて、そのうち他の木に取って代わられるといいます。
火山噴火後の火山灰地などに最初に根を下ろしているので、それは見ることができるでしょう。
役目を終えて次の種へ代わります。

暖房や調理の燃料が薪やその後の石炭であったころ、シラカバの木の皮「ガンビ」はマッチ1本で薪ストープや石炭ストーブの焚き付けに点火できる便利なものでした。

名前: ayaG : 2012/07/27 10:59 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:Re: シラカバ

ayaGさま

コメントありがとうございます。その通りです。白樺が荒地に最初に根付くというのは、我が家の白樺を見ていてもよく分かります。
がれ地にどんどん芽を出しています。
年配の方々にも白樺のことを随分お聞きしましたが、皆さん「ガンピ」を焚き付けに使ったと一様におっしゃいましたが、それ以外の利用法はまるで無いに等しいようでした。それにしてもガンピは本当に良く燃えますよ。

こんなに美しい樹皮なのに、かごとして使われた記述は全く残っていないそうです。本当に不思議です。
我々の世代から後世に残っていくというわけですね。
名前: kitashajin  : 2012/07/28 05:23 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

「白樺を乱獲するな~北海道の森を荒すな」
ってすごいですね。。。。
白樺って本州はどうなのか知りませんが、北海道では住宅街の空き地などでも放っておくとすぐ新たに生えてきてしまうほどの旺盛な生命力をもった樹木ですし、白樺花粉症の私としては。。。。です。
実際に現地や状況を知らずに観念的な認識しかお持ちでない方が、自然とともに生きるスタイルの生活をされている森山さんや深山さんを批判されるというのはひどい話ですね。
名前: asa : 2012/08/02 16:27 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:Re: タイトルなし

asaさま
コメントありがとうございます。
本当に白樺って北海道の人にとってはあまりにも身近でそんなに大切にはされていない木のように思われます。ところが樹皮採取を意識するようになったら、白樺は意外にも少ないと感じました。老木は本当に少ないものです。
コメントを書いた方がもし白樺の樹皮採取をされていたとしたら、老木でないまだまだ育つ木の樹皮を採ったことに反感を持ったとしてもやむをえないかとは思います。白樺を利用してものづくりをしている人とは到底思えませんけれど…
いろいろな批判は真摯に受け止めて逆にそれをバネにして更に頑張りたいと思います。

それにしても白樺花粉症の方たちは本当に気の毒ですね…春の美しい時期にお辛いですね…
名前: kitashajin  : 2012/08/03 05:45 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:Re: タイトルなし

通りすがりさま

通りすがりさんは白樺を利用してものづくりをしているのでしょうか。
私よりうんと歴史が長くて白樺のことを熟知しているのでしたら、是非いろいろと教えてください。
そこまで心無い、ひどい言葉で攻撃することに一体何の意味があるのでしょうか。しかも私に「心ある」コメントを残した方々にまで攻撃する意味は?
それならば代わりにこちらが分からないことにアドバスイスすることの方がよっぽど「白樺を守る」ことへのメッセージ性があると思いますが。

ワークショップには参加しましたが、基本的に私には誰も教えてくれる人はいません。聞けば教えてくれるのかもしれませんが、私は経験を積んで学ぶことと考えています。自分で試行錯誤して採取から製作までするしかありません。

老木からしか採るべきではないというのはよく理解できますが、採取する樹皮はどのように見極めるのですか?
私は表から見ただけでは、内側の状態が材料として良好な状態なのか完全に判別できません。
老木だし比較的表から見ても良い状態の部分をと判断して剥いでも
表側からは想像もつかないくらい荒れた状態の樹皮もあります。
老木でない木もしかりです。

そこまで我々を責める(攻める?)のであれば
逆にきちんと教えていただけないでしょうか。
私には分からないことだけらなのです。

そして「白樺の森、北海道の森を守る」ことの意味を、あなたがどのような活動を通して実行されているのかお聞かせ下さい。
削除した別の方へのコメントに「実際に現地や状況を知らずに?何寝ぼけたこと言ってんだか」とありましたから、熟知されているわけですよね。
私にコメントを下さった方々があなたのコメントを読んだかどうか分かりませんが、彼らもまたいろいろと知りたいはずですよ。

残念ながらいくら私を攻撃しても、私は面白がるだけですのであまり意味はありませんよ。
なんのダメージもありません。逆にある意味勉強にはなりますが…


> 白樺を利用してものづくりをしている人とは到底思えませんけれど
>
> おまえみたいに他から来て白樺樹皮を適当に採ってる奴には決して言われたくない言葉だな
> おまえより歴史なげえよ

名前: kitashajin  : 2012/08/08 06:46 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

いやはや、、、、
名前: asa : 2012/08/17 14:42 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:Re: asaさま

巻き込んで嫌な思いさせて申し訳ありません…
名前: kitashajin  : 2012/08/17 17:13 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

何となくこのお方、私なんかよりも年配の方のような気が勝手にするのですが、面と向かって同じようなことが言えるの?、ただネットの世界だからここまで悪質なのか理解に苦しみます。

結論的にこのお方の方が森山さんより「歴史なげえよ 」とのことが仰られたいことなんでしょうね。。。。

いやはや
名前: asa : 2012/08/20 10:21 : URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitashajin.blog118.fc2.com/tb.php/584-ebe045b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |