FC2ブログ
新たな夢(WWOOFの話)
お盆には定置網が上がるので
カラフトマスが沢山釣れると前述したが
深山は「独りで遊んでスマンなぁ~。沢山釣ってくるからな!」と何度も言いつつ
昨日紋別へと出かけていった。
きっと今頃やってるんだろうな。
もうしばらくしたら電話が掛かってくることだろう。

さて、昨日フランスから一家がギャラリーにいらした。
ご主人がフランス人で奥さんは名古屋出身の日本人。
私達の暮らしにとても興味を示してくれつつ
いずれは日本のどこかで暮らしたいとおっしゃっていた。
農業にとても興味があるようで
中富良野のオーガニックファームで労働力を提供しながらファームステイをしていると言う。
彼が発した言葉「WWOOF(ウーフ)」にはっとした。

WWOOFという組織をご存知な人は以外に少ないと思う。
Willing Workers On Organic Farms の頭文字で
「有機農場で働きたいと思っている人たち」という意味。
国により、World Wide Opportunities On Organic Farms「世界に広がる有機農場での機会」としているところもあるそうだ。
有機農業は農薬を使う方法よりかなり手間がかかり
大型機械を使わない場合も多く、人手が必要。
そこで、宿泊・食事と労働力を交換するというこの組織ができあがったのだ。

イギリスで生まれたこの組織、
現在では世界各国にWWOOFの事務局があり
私の大好きなニュージーランドでも盛んなのだ。
農業労働に限らず農家民宿、農家レストランやカフェ、玄米菜食店、自然食品店、 自然体験学校、治療院、陶芸工房など
オーガニックな思考を持つ、様々な人を受け入れる大きな気持ちを持つところ、なのだそう。
興味のある方はこちら

私はすっかりこのWWOOFの存在を忘れていた。
以前ニュージーランド行きを無理やりおススメしていた友人のBちゃんは
自分で調べてこのWWOOFに登録し
1ヵ月くらいだったか現地の農家で働いたことがあった。

私が昨日いらした方からWWOOFのことを聞いてはっとしたのは
お金が無くとも留学ができる?と気付いたからだ。
自分もいつか再びニュージーランドに長期滞在したいし
娘も成長したら行かせたいと漠然と考えていたのだ。
娘を留学させる経済力があるとは思えないし
でもWWOOFなら行ける!?

うふふ。またまた夢がひとつ増えた。
娘には体力を付けさせて
オーガニック的なことにも興味を持たせたいな。
まあ親の思い通りには育たないに決まっているけれど
少しは影響を受けてくれるはずだよね。

そのご家族のおかげで
なんだかとっても得した気分になった1日だった。
北海道への移住もいいなとおっしゃっていたし
またいつかお会いできるといいですね
2008 / 08 / 14 ( Thu ) 07:00:45 | | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
<<夜の旭山動物園 | ホーム | 海外赴任>>
コメント
タイトル:ウーファーしてみたい!

こんにちは。
みかさんは中島デコさんを知っていますか??
富山に来てから、マクロビ料理研究家として活躍しているかたに時々教わっています。厳格なことはできないけれど、できる範囲で実践しています。

しほが食物アレルギーとわかって以来、ますます興味を持ったのです。

中島さんは尊敬するひとり。

千葉でご主人とブラウンズフィールドを設立して、農業やマクロビ料理に関心のある人たちが国内外からやって来て、住み込みで生活しています。
みかさんも千葉出身だから知っているかな~?と。

来年はこっちの関係者と協力して、中島さんをゲストに、子育て中の母親達、妊婦さん向けに食に関するイベントを開催する予定です。





名前: はる : 2008/08/15 22:41 : URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
名前: : 2008/09/03 03:39 : [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitashajin.blog118.fc2.com/tb.php/95-1e51b94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |